FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーター、家を買う

2015.04.11.09:23

こんにちは。


さて、もうずっと前にテレビでやっていたドラマ、


「フリーター、家を買う。」。


なんだか、よさそうだなと思いつつも


ずるずると時は流れて最近レンタル屋さんで見かけて


借りてみました。


久々にヒット。なかなかさわやかでいい感じですね。


嵐の二ノ宮君や竹中直人さん、浅野温子さんの演技が光ってました。


ちょっと違和感を覚えたのは、鷲尾真知子さん演ずる医師の母。


孫を医師にするために、なにやらいろいろ指示をしたりするのですが、


基本的に他人任せ。(でも口は出すというタイプ)


まあ、私も起業した第一世代の立場は同じですから


苦労を考えると、考え方はわからなくもないですが、


ちょっとやり方に疑問が。


子供の自主性を尊重しつつも、可能性の一つとして提示してあげるべきかなと


思いました。


連合艦隊司令長官 山本五十六の名言に


「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」がありますが、


特にお子さんの教育はこうでないと厳しいのではないでしょうか。


それと原作は図書館戦争や県庁おもてなし課や3匹のおっさんや阪急電車の


有川浩(ありかわ ひろ)さんなんですね。


ちょっと驚きました。
スポンサーサイト

神様のカルテ2(若干ネタバレ含む)

2014.11.16.13:48

こんにちは。


今日もなんだか雑用の多い日なのですが


日中に少し時間が空いたので


借りてきたDVD「神様のカルテ2」を鑑賞しました。


よくあるスーパードクターものとは違い


等身大の医療現場を淡々と描いている点で


非常に秀逸でした。


その証拠に奇跡を呼ぶ神の手で患者さんが救われて


ハッピーエンド、とか全くないです。


普通の医療機関で普通に行われていることが


若干、青臭い理想を持つ医師、看護師などの


スタッフの目線で描かれます。


特に治療のすべがなくなった方への接し方は


真剣に医療をして患者さんにとっての最善を


追い求めれば追い求めるほど


自身とその家族が犠牲になるというジレンマを


うまく描いていると思いました。


映画の中では憎まれ役として


病院経営コンサルタント?(事務長?)がこう発言します。


「医療はボランティアではありません。ビジネスです」。


「医師としての自覚を」。


「稼働率100%でもそれでもなお入院待ちの多くの患者がいるんだ」。


いい味出していましたね。


自分の職務に忠実な、優秀な方であることは間違いありません。


経営者になってよくわかります。


この言葉の意味。


しかし、このコンサルタントさんには決定的に欠けているものがあります。


医師は無意識にいつも自問自答している命題。


自身が必ず通る避けられない「死」をどう受け止めるか。


目の前の患者さんで起こっていることが


自分の番になった際にどうするのか?


この一点を考えたことのない方の言葉は、いかに美辞麗句で


飾られていても決して医療者の心には響きません。


自身が苦悩し、正解ではなくとも、


より良いと思われる自身の考えを持たないものの言葉など


全く意味のない空気の振動にしか感じられないからです。


久しぶりに深く考えさせられる映画を鑑賞できて有意義でした。


映画館で見られたらよかったのになと思いました。


3も原作はあるようですので、映画化されることを楽しみにしています。

しわ

2014.09.12.09:01

こんにちは。


この間何気なく見たら衝撃を受けたDVD。


「しわ」。


一言でいうと、


主人公のエミリオがアルツハイマー認知症にかかってから


進行していく様を綴(つづ)った物語です。


別に皆がアルツハイマー認知症になるわけではありませんが、


一般の方にわかりやすく


認知症の症状を理解してもらえると思いました。


ただ、この物語のすごいところは


老いを正面からとらえている点です。


認知症になること、関係することを拒んでいた


ミゲル(主人公のルームメイト)が最終的には


ふとした時に共通の想い出に笑顔を見せるエミリオを


介護するのですが、そこまでの経緯が素晴らしい。


私はお年寄りが大好きで


「人に歴史あり」という言葉が好きです。


どんな人にも


若いころがあり、そして何かを成し


老いてゆきます。


それに触れることのできるこの職業は


天職ではないかと思っています。


この「しわ」はスペインの方が作ったとか。


世界は広いですね。
プロフィール

わたなべ院長

Author:わたなべ院長
20年間勤務医をしてきましたが、ここ我孫子で自分や家族がかかりたくなるようなクリニックを目指して開業しました。今後ともよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。