FC2ブログ

セアカゴケグモに御注意

2014.10.04.09:01

こんにちは。


外来種の侵入はこれだけ国際化されると


やむを得ない面がありますが


健康被害が出るとなると別です。


以下引用
セアカゴケグモ、首都圏で拡大 三郷市で51匹など
 飼育などが禁じられている特定外来生物の毒グモのセアカゴケグモが相次いで見つかっている。環境省によると、ハイイロゴケグモも含め、先月25日までに36自治体で発見。攻撃性は低いが、見つけた場合は触れず、殺虫剤を使ったり、踏みつぶすのが効果的という。
 都内では、先月24日に初めて三鷹市で発見され、30日に江東区でも見つかった。関東地方では、2012年に神奈川県大和市と川崎市で、13年9月には千葉県市原市と千葉市、今年7月には埼玉県川越市、先月30日には三郷市で計51匹が見つかっている。
 同省によると、セアカゴケグモは主に亜熱帯地域に生息し、体長は1センチ程度。毒を持っているのは雌だけで、血清開発後の死亡例はない。かまれた場合、その部分が熱を持ったり、かゆみなどが出る。数時間から数日で症状は回復するが、脱力感、頭痛、筋肉痛、不眠などの症状があり、重症化した場合は血清による治療が行われる。
 日本では、1995年11月に大阪府高石市で初めて発見された。毎年6~10月ごろにかけて港湾地域を中心に多く見つかっている。貨物コンテナ、建築資材、自動車などに付着して拡散したとみられる。日当たりの良い暖かい場所を好み、プランターの底、庭に置かれた靴の中などで見つかっている。
引用終わり


大阪など西の地域にしか生息していないと思っていたのですが


着実に版図を拡大しているようです。


皆さんもご注意ください。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

わたなべ院長

Author:わたなべ院長
20年間勤務医をしてきましたが、ここ我孫子で自分や家族がかかりたくなるようなクリニックを目指して開業しました。今後ともよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR