FC2ブログ

エボラ出血熱(エボラウイルス病)

2014.11.08.09:00

こんにちは。


昨日の続きです。



今回の保険医講習会の講師を務めていただいた先生は


エボラ出血熱の特効薬と目されている薬の開発に携わっていた


経歴の方です。


現地の事情もお話しされていましたが、


何よりも衛生状態が悪く


手洗いをするにも水が貴重品で手洗いもままならないとのことでした。


これは非常に重要なことであり


きれいな水がいつでもふんだんに使える日本では


それだけ で感染率が下がることは間違いありません。


今回の流行しているエボラウイルス病は、


初期から嘔吐や下痢などの胃腸炎症状を起こすようですが


初期から吐物(いわゆるゲロですね)にたくさんのウイルスが


入っているようです。


なのでゲロには注意ですね。


また末期になると汗の中にもウイルスが出てくるようですが


これに現地特有の風習である、


死者を弔うためにその体に触ってあげる行為で


感染が拡大するようです。


末期の方は日本では病院以外にいることは考えにくいため


一番ウイルス量の多い状態で一般市民が接触することはあまりないでしょう。


また感染形式が、一部ネットで騒がれているような


空気感染(飛沫核感染)や飛沫感染に


変化したわけではないようです。


また現地の病院は病院食が出たりしませんから


家族の方が付き添って(泊まり込みで)食事や身の回りの世話をし


その際に手も洗えずに感染しているのが実態のようです。


しっかり手洗い、うがいの励行ですね。


日本をはじめ世界の国々が行うべきことは


まずは現地への水の確保ができるインフラの整備ではないでしょうか。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

わたなべ院長

Author:わたなべ院長
20年間勤務医をしてきましたが、ここ我孫子で自分や家族がかかりたくなるようなクリニックを目指して開業しました。今後ともよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR