FC2ブログ

すみっコぐらし

2014.11.04.09:03

こんにちは。


昨日、一昨日は久しぶりに休めました。


と言っても、クリニックには一昨日も来ていたのですが。


さて、たまの休日には書店に行くのが好きだったりします。


そこで見つけたのが、この本。


011_convert_20141104090238.jpg



その名も


「すみっコぐらし」


タイトルからすっかり中心にいない感じがしますね。


ところが、結構人気があるようで


3DSソフトまであるようです。



キャラクターが皆かわいらしいので、


見ていてほっこりとした気になります。


うちのクリニックの本棚のすみっこに


置かせてもらいましょう。

寄生獣

2014.09.20.13:24

こんにちは。


突然ですが、「寄生獣」ってご存知ですか?


1988年から1995年にかけて雑誌「月刊アフタヌーン」


に連載されていたマンガ作品です。


この「寄生獣」たかがマンガと侮るなかれ、


評価が

早稲田大学教授・文芸評論家の加藤典洋は「文学を含め、戦後のベストテンに入る」としている。また「進路選択に迷ったとき、あるいは大学の授業がつまらないと感じたとき、異性にふられて悲しいときに読んでみることを薦める」としている[12]。
評論家・哲学者の鶴見俊輔はこの作品を「人生、2度目の衝撃でした」[1]、「生涯に読んだもっともおもしろい本のひとつ」と評しており、夕食後読み始めて全巻を読了したときには夜が明けていたという[13]。竹田青嗣も当作品を薦められた際に徹夜したが、その結果喀血し、結核の疑いで約1か月病臥した。
心理学研究家の山竹伸二は書評“親殺しの文学”において「誰かが救うのではなく、自分自身で救う」という、外側からの救出ではない内側からの自己救出の物語として、村上春樹の『海辺のカフカ』と共に『寄生獣』を挙げている[14]。

などと、結構絶賛されています。


これはどうしてかと思ったのですが、


私はちょうど連載をそのまま読んだ世代なので当然としても


心理描写が細かく、また一方的な勧善懲悪物語でもないことが


深く物語を捉えて多くのファンを獲得したのだと思います。


そのため、さりげなくクリニックの本棚に


開業当初から入っているマンガの1つになっています。


また、熱狂的なファンが多いためか、


ここにきてアニメ化、映画化されるようです。


まずはアニメ化の流れですね。


以下引用
岩明均さんの人気マンガ「寄生獣」のテレビアニメ版「寄生獣 セイの格率」(日本テレビ)が、10月8日から放送されることが関係者への取材で明らかに なった。毎週水曜深夜1時29分からの放送で、2クール全24話を予定している。また、アニメ版の第1話のカットも公開された。
引用終わり


あまりテレビは見ないのですが、


録画してみてみますかね。


お時間があればおすすめの一つです。

銀翼のイカロス

2014.08.31.09:03

こんにちは。


半沢直樹シリーズの最新作


「銀翼のイカロス」が発売されていました。


今回も半沢節が炸裂しますが、


いかんせん相手は超巨大企業・帝国航空と


以前に政権交代した民○党をイメージした


政府、特に高飛車な国交大臣とその直轄タスクフォース(なんか既視感がありますね。)との対決です。


ものすごいのは、半沢が必死の思いで帝国航空の経営陣に承諾させた自主再建プランを


「前政権下で提案された」という理由ですべて白紙に戻し、


大臣直轄の「タスクフォース」を設置し、銀行団に


70%!500億円!!!の債権放棄を押し付けます。


実は現実にJALで起きたことだったようなのです。


当時は確か前原さんだったような気がしますが、


小説では蓮舫さんの様な出で立ちで描写されています。


このような厳しい状況下でどう戦うのか、半沢直樹。


と、非常に盛り上がりますが、


今回も安心して読めました。


しかし何と言っても中野渡頭取が格好良かったですね。


格好良い、あこがれる出来る男の像と言ったらいいんでしょうか。


また、黒崎さんもいい味を出しています。


なかなか現代ではお目にかかれない勧善懲悪物語。


私はこんな大人の話があってもいいかなと思います。


読後感は非常に爽快です。

目玉焼きの黄身 いつつぶす?

2014.07.15.09:24

こんにちは。


さて、身近な食べ物だと


食べ方が自分の中で固定されていて


それが普通だと思ってしまう傾向って


ありますよね。


たとえば、


目玉焼き。


私は醤油を全体にかけていただくのですが、


そんな常識と自分で思っているものを


見事に打ち崩してくれるマンガです。


「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」


medamayaki.jpg


さらに驚くことに


この8月からNHKでアニメ化。


頭柔らかくなったのか?NHK?


と心配させてくれるレベルです。


しかし日本のマンガは素晴らしいですね。

聲の形

2014.07.05.09:23

こんにちは。


記事にするかどうするか


結構迷ったのがこれ。


無題



「聲の形」


先天性の聴覚障害をもつ主人公の


西宮硝子(にしみや しょうこ)さんと、


小学校時代に硝子をいじめていたものの


度を過ぎたいじめが問題化し、その反動から一気にクラスの


いじめを受けることになった


もう一人の主人公


石田将也(いしだ しょうや)の物語です。


当初は、胸の悪くなるような描写が続きます。


だれか何かできるのではないかと、


大人の自分が見れば思いますが


子供の世界は時に大人社会よりも残酷なことも起こります。


何と言いますか、


子供のころの思慮の全くない行動や


それが他人を傷つけても止めることのできない


慣性の法則のような行動。


いい意味での子供ではなく


他人を思いやったりすることのできない未完成な人間としての


子供の物語です。


読み手を確実に選びますし、


お勧めするかと言われればお勧めはしません。


ただ、結構衝撃的なものだったので


あえて記事にしました。


このような問題提起型のマンガが出てくるようになったんですね。
プロフィール

わたなべ院長

Author:わたなべ院長
20年間勤務医をしてきましたが、ここ我孫子で自分や家族がかかりたくなるようなクリニックを目指して開業しました。今後ともよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問ありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR